季節の言葉

おはようございます
✨手紙にそえる季節の言葉✨
《盆花迎え》ぼんばなむかえ

お盆にお供えする花を「盆花」「精霊花」といいます。禊萩、桔梗
女郎花、山百合、鬼灯、樒など、昔は7月11日、または13日に、山に出かけて採ってきたそうです。これを「盆花迎え」といいました。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
連日のリオの感動💕いいですね♡

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

おはようございます
✨手紙にそえる季節の言葉✨
《清か》きよか

「清か」は「冴える」という意味の「冴ゆ」から派生した言葉で、その「冴ゆ」は、「寒・冷さむ」から生まれたそうです。凍てついた冬の冷気の中で、色も、音も、空気も、何もかもが澄みきってはっきりと鮮やかに見える……。そんな情景が元になっているのですね。 【山下景子著】

✨✨✨✨✨
残暑お見舞い申し上げます。

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

✨手紙にそえる季節の言葉✨
《招凉の珠》しょうりょうのたま

昔、中国の燕(えん)という国の昭王(しょうおう)は、「招凉の珠」という不思議な珠を持っていたそうです。これを持つと、どんな酷暑でもたちまち涼しさを覚えるとか。日本にも伝わり、漢詩や歌に詠み込まれています。それによると、ささやかな水滴に「招凉の珠」を感じていたようです。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
台風とかによる水害は困りますが、雨上がりは、キラキラ
植物が輝いてます!

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

✨手紙にそえる季節の言葉✨
《行水》ぎょうずい

昔は、大人も子供も盥(たらい)で「行水」をしました。日中、日向の置いてぬるくした「日向水ひなたみず」を用いることも多かったそうです。太陽の恵みをいっぱい受けた水。疲れた身体を癒す効果もあることでしょう。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
関東もやっと梅雨明けしましたね~🎵

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

✨手紙にそえる季節の言葉✨
《見舞い》みまい

今では「見舞う」と書きますが、もともとは「見廻う」と書いて、見まわることでした。やがて、訪問したり挨拶に行ったりするという意味で使われるようになり、訪れることができない場合の書状や贈り物もこう呼ぶようになったということです。暑中見舞い、寒中見舞いのほかにも、雪見舞い、水見舞い……。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
暑中お見舞い申し上げます🎵

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

おはようございます
✨手紙にそえる季節の言葉✨
《打ち水》うちみず

庭や道に水を撒く「打ち水」の効果が見直されています。日中に行うと、かえって蒸し暑くなってしまうので、朝夕に行うのが効果的だといいます。少しでも涼しく過ごすための昔からの知恵ですね。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
打ち水には、やっぱり 柄杓が似合いますね🎵

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

✨手紙にそえる季節の言葉✨
《牛根性》うしこんじょう

昔から牛は、特別な動物でした。天神様の使いだと言われたり、牛神としてまつられたり……。「牛根性」は、歩みは遅いけど、こつこつと努力する性格のこと。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
薄紫のアガパンサスの花は、毎年梅雨に彩りを添えてくれる。

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

おはようございます
?手紙にそえる季節の言葉?
《水天一碧》すいてんいっぺき

水と天がひと続きの青に見えることを、「水天一碧」、または、「水天一色(いっしき)」といいます。青海原の上に続く、雲ひとつない青空。島かげもなく、船も浮かばず、水平線が見えるばかり。しかも快晴……。
【山下景子著】
?????
一生に一度 そんな風景見てみたいものです?

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します?
??皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に??
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
?????

季節の言葉

おはようございます
✨手紙にそえる季節の言葉✨
《浜木綿》はまゆう

注連縄(しめなわ)や玉串(たまぐし)などにつけて垂らす白い四手(しで)は、現在では紙製ですが、古くは「木綿(ゆう)」を用いました。楮(こうぞ)の樹皮を蒸して水にさらし、細かく裂いたものです。その木綿に花が似ていて、海辺に生えているから「浜木綿」。別名「浜万年青(はまおもと)」とも言います。芳香を放ちながら潮風になびく白い花は、神に祈りを捧げているようです。
【山下景子著】
✨✨✨✨✨
まだ、見たことない浜木綿、どんな香りなんだろう⁈

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨

季節の言葉

✨手紙にそえる季節の言葉✨
《銀竹》ぎんちく

氷柱(つらら)のことも「銀竹」といいますが、激しく降る大粒の雨も、銀の竹にたとえられました。後から後から降ってくる大粒の雨。その雨脚がきらきら光って、なるほど銀の竹が降ってくるようです。 【山下景子著】
✨✨✨✨✨
今年の梅雨は 私の住んでいるところでは 大粒の雨が少ない気がします。雨に洗われた植物はキラキラしてますね🎵

今日も楽しくにこやかにすべてに感謝致します♡
❤❤皆さまに 沢山の幸が舞い降ります様に❤❤
今日も薔薇色 朝比奈 喜美子
✨✨✨✨✨